ハトネコエ Web がくしゅうちょう

プログラミングとかAndroid

npm install --save-dev は、 npm i -D でいい

タイトル通りです。

npm の使い方については以前書いたここを見てもらうとして、
この記事では

npm install gulp --save-dev

で gulp 環境を導入すると書きました。

でも、文字数長いです。タイピングめんどいです。

実は、install は i でいいようにエイリアスが標準で振られているので、

npm i gulp --save-dev

でOKのようです。

さらに、ここに書かれているように、
--save-dev-D と書けるそうですから、

npm i gulp -D

でOK。

プラグイン名は後ろに書いた方がわかりやすいですね。
まあ、そんなわけで、たとえば gulp と Angular.js と TypeScript で開発しよう~。
となったとき、

npm i -D gulp typescript
npm i -S angular

などとコマンドを打つのが手軽です。

-S について説明がまだでしたが、これは --save と同じものです。
save と save-dev の違いは、ここに書いてあります。
dependencies と devDependencies の違い - 主に技術的なことを書くブログ

gulp や TypeScript(の tsc コマンド)みたいな、開発に必要なツールsave-dev
そういうツール系じゃないけど、サイトを表示するために必要となってくる外部ライブラリ・プラグインには save を使う、
という使い分けを厳密にはするようです。

……まあ、全部 save-dev でもいいっちゃいいとは思いますけどね(笑)
ちゃんとお行儀よくやるなら、使い分けましょう。


gulp のプラグインを足すには、

npm install gulp-uglify --save-dev

などといちいち入力することになりますので、

npm i -D gulp-uglify

と短く書いて大丈夫なことを覚えておくと、とても便利そうです。