ハトネコエ Web がくしゅうちょう

プログラミングとかAndroid

プログラマのための数学LT会 2! 開催しました

プログラマのための数学LT会 2!

ふたたび主催やらせていただきました!

プログラマのための数学LT会 2!』 です。
https://techplay.jp/event/624044

場所は dots. あらため TECH PLAY さんで開催させていただきました。

2回目ですが、1回目開催の時は開催の疲れから
ブログを書いている余裕がなくて書いていませんでしたので、この記事では
1回目開催に至った経緯なども書いていきます。

f:id:nekonenene:20170723022409j:plain

1. まずは今回の反省から

たくさんの人から「タイムキープちゃんとして!」って怒られました。ごめんなさい。
前回、全員が15分で発表を終えるという奇跡的な進行を見せていたので
「まあ、なんとかなるだろう」と甘く思っていたところはあります。

胃がキリリとなるくらい反省したので、
次回はちゃんとカウントダウンを見せるためのタブレットを持ってきます。

あと、15分は短いですね!
皆さんが今回くらいの資料作ってくださるなら、持ち時間はもうちょっと欲しい!
次回は一人の持ち時間20分以上になる予定です。

2. なんでこのイベントを始めたか

そこそこ聞かれるのでまとめておきます。

もともとは、Yahoo!の佐野さんがやっていた プログラマのための数学勉強会 というイベントがありまして、
「これはおもしろいイベントだ」と、私もそこでLT枠で参加させていただいていたんですよね。

ただ、2016年3月の第6回以降、佐野さんが大学院に入ってしまって、なかなか忙しくて、
当初は半年後に開催する予定(と言っていた気がする)だった数学勉強会が開催されず、
「あ~~~発表したいのに無いのかな~~~」と思っていて、
「よし、じゃあ自分がヒマ人だしやるか!」という気持ちになってきました。

誰もやらないなら自分がやるべき!という信条で生きてるので、やるか! と。

とはいえ、何もわからないところから始めるのは不安しかなかったので、
12月に佐野さんに連絡して、2月にお話を伺う機会をいただきました。
それでその後、TECH PLAY(当時はdots.)の担当さんといろいろFacebook Messenger上でやり取りし、開催にこぎつけました。

それが2017年3月におこなわれた1回目のイベントになりました。
で、そのときに「次回は3ヵ月後くらいに」と言ってしまったので、(正直負担もあるので開催に踏み切る決心が大変でしたが)今回の2回目になりました。

2回目開催を決心したときは、「これで最後にしよう」と90%くらい心に決めていたのですが、
いい登壇者の方々がどんどん集まってくれて、「あ、これは3回目もやろう」と急に気持ちが変わりました。
本当に参加者の集まりが心の支えです。

3. 数学は得意なの?

ってことも聞かれるのでついでに書いておきます。

お恥ずかしいことに、大学数学まったくわかりません!

とはいえ、プログラマのための数学LT会に参加されるプログラマの皆さんもほとんどそうなので、
きっと問題ないかと最近は思ってます。

中学高校の頃の数学は得意でしたが、特別好きでなくて、それよりも小学校算数が好きで、
「数学より算数が好き」と中学生当時はよく言ってましたし、小学校算数が一番おもしろいという考えはいまだに変わってないです。

37 × 3 = 111
になるってことは
37 × 27 = 999
ってことで、それすごくない?! とか思ってます。

しかも
37 + 27 = 64
なんですよ?! 2の6乗ですよ!

さらにさっき気付いたんですけど、
37 ÷ 27 = 1.370370370370……
なんと 37 が何度も続くのです!

37と27の組み合わせなんて、見た目は気の難しい頑固者同士みたいな組み合わせなのに、
二人の生み出すパフォーマンスがあまりに華麗すぎてため息が出てきますよね。

そういうのが好きなので、数学が好きというよりは、数字と平面図形に魅力を感じているのだと思います。
行列の計算とかは勉強ととらえてる節があるので、
今回の数学LT会のように「行列はこんなことに使える」をもっと聞いていると考えも変わってくるかもしれません。

4. 今回のイベントについて

だいぶ違う話が長くなりましたが、
プログラマのための数学LT会 2!』 の感想を。

私のはぼんやりした感想ですので、以下の記事のほうがよくまとまっています。

ブログまとめ枠として参加くださいました「まえすとろ」さんの記事
http://lyricalmaestrojp.hatenablog.com/entry/2017/07/20/012502

Togetterのツイートまとめ
https://togetter.com/li/1131615

LT 1 : プログラマのためのトポロジー入門 〜 山手線は丸いのか? (佐野 岳人)

「到着が19時よりちょっと遅れるかも」と連絡来たときは「お気をつけてー」と思うも、
「いや、佐野さんトップバッターじゃん!!」と気付いて慌てました(笑)

結局19時より数分前に到着してよかったです。

www.slideshare.net

けっこうわかりやすいトポロジーの発表でした。
おもしろくて、のめりこんで聞いてたのはよかったんですが、
「時間大丈夫ですか?」と佐野さんに聞かれたときにはすでに15分経過してて「あっ」って思いました。

開会式での会場の反応悪くてけっこう落ち込んでた時間だったので、時間ちゃんと見てなく……。

せっかくプログラム作ってきてくださったのに、デモをおこなう時間がなくて申し訳ない気持ちでした。
でも67ページあるスライドは15分じゃ終わらないよ!佐野さん!(笑)

LT 2 : 計算するということ (おおとや)

前回のアンケートで「難しすぎる」という感想をたくさんいただいてしまったので、
「次回はわかりやすいものを作ってきます」と意気込んでたおおとやさんの発表でした。

前回のように数学に偏らず、プログラミングも関連する話になっていて
会のテーマにも合っていて、いい発表だったなぁ、と私は思いました。

チューリングマシーンは、チューリングマシーンが無限ループにおちいってしまうプログラムをあらかじめ計算できないのだなあと。

speakerdeck.com

こちら側の裏話として、受付に抜けがあったのか、
出欠管理システム上では、おおとやさんがまだ会場にいないことになっていたので、
佐野さんの発表中、「え! 次の発表者まだ来てない!! 次の人どうしよう…」とすごくあせってました…、
で、よく会場を見渡してみるとおおとやさんがいたので安心しました。

今考えると、おおとやさんだからよかったけど、
私との面識ない発表者さんだったら、「よかった、いる…」とならないので、よりいっそうパニくってたと思います。

LT 3 : 四則演算で描くドット絵 正N角形 (荒木義明)

「小学校算数だけで円周率や三角関数が出せる! かんたん!」みたいな調子で話すも、
それを求めるためにマクローリン展開など出てきて、
「たしかに四則演算(足し算引き算かけ算わり算)だけで出せるけど、それに至る原理が小学生にわからないw」
というツッコミオーラが会場内にあふれていて、
荒木さんの「ね! 小学生にもかんたん!」という調子に会場が爆笑に包まれていました。

でも、娘さんがフィボナッチ数列をソラで言えるようになっているそうなので、案外ほんとうに簡単の可能性も・・・

LT 4 : ゆるふわ情報幾何学 (YE)

最初の導入あたりはよかったかと思うんですが、話の飛躍が多くて、
今まで話していた内容とどうつながっているのかわからないような話の展開になることが多く、
だいぶわかりづらい発表になってしまっていたかなと思います。

また、「これは高校数学の範囲内じゃないので省きます」とやると、ただの穴あきで話が進んでしまうので、
わかりづらくても概念だけでも触れておかないと、結局その後の話が理解できなくなって
誰にもわからない発表になってしまいますので、ある程度は説明を入れると良いと思います。

『高校数学までの知識でもわかる発表内容になっていますとありがたいです』とイベントページにはありますが、
決して高校数学外のことを説明しないでと言っているわけではないですので、
ある程度わかりやすく噛みくだいていただけますと幸いです。

「情報幾何学」というものが何か、をまず知らない人が多いので、そこのさわりを触れて、
それが機械学習とどう関連してくのか概念的なところにフォーカスを置いて語ると、参加層の反応がよかったのではと思います。
(「へぇ~、なるほど、情報幾何を学んでみるか」という気持ちになった人が出たと思います)
テーマがよかっただけにもったいないな、ととても思っています。

LT 5 : 有理ホモトピー論とコンピュータ (若月駿)

難しい発表になるだろうなーとテーマから推測していましたが難しかったです(笑)

内容忘れてるところ多いので、スライドが上がってきたら感想追記しようかなと思ったり…

LT 6 : プラレールでつくる論理回路 (Akama Hitoshi)

Developer Summit 2017 でお会いして、
そのときにプラレール論理回路の実物を見て感動して「ぜひ発表を!」とお願いし、
そして今回でその夢が叶いました。とても満足です……。

speakerdeck.com

発表も上手くて、参加者からの皆さんからの反応もとても良くて、ほんとう登壇してくださってよかったです。
次回は オープンソースカンファレンス2017秋 で実物を見られるそうですよ!

最近はマルチスレッドのプラレール回路を作ろうという構想があるものの、
お金と組み立ての時間が厳しいとのこと……。クラウドファンディングやってほしいです……w

LT 7 : 行列の固有値固有ベクトル (根上春)

www.slideshare.net

とてもわかりやすいスライドを作ってくださいました。

まず行列の固有値固有ベクトルの求め方を話したあとに、
それがプログラマの現場でいかに役立つかという丁寧な説明でした。

残念なことに、前半の、求め方について解説する部分でけっこう時間を使ってしまったので、
後半の一番のおもしろい部分であるプログラミングと行列との関わりについて
あまり時間を使えなくなってしまったのが残念でした。

あと、行列を扱う発表は今回たくさんあったので、
根上さんの発表を1個目に持ってくればよかった~! ってけっこう後悔してました。

いやぁ、いいスライドでしたね……。
プログラマのための行列」とか、そんな感じの本を出してほしいですね。

LT 8 : そろそろ数式お絵描きの話でもまとめておくか (鯵坂もっちょ)

https://www.desmos.com/calculator/vypskkl2vd

参加した人が難しい印象を数学に残したまま帰ってほしくなかったので、
このイベント最後の発表は、できるだけ誰でもわかるようなもの。というのは決めていました。

そういうわけで、エンターテイナーもっちょさんの発表なら間違いない!
とトリに入れさせていただきました。
結果、大正解で、会場の皆さんが楽しんでくださり、とても嬉しかったです。

もっちょさんがTwitterに数式お絵かきを上げているのを何度も見ることはあっても、
どういう手順で作っているのか見ることはなかったので、
「なるほど、最初に描きたい絵を用意して、そこに合わせて図形を用意するのか!」っておもしろかったですし、
「desmosは数学わかってる人が使うもの」みたいな先入観があったので、
全然そんなことないじゃん、気軽に使っていいんじゃん、って知ることができました。華のある発表でした。

5. 今までのアンケート結果

最後に、登壇者へのフィードバックになればと、みなさまからお答えいただいておりますアンケートの集計結果を一部公開します。
この集計作業、 1.5 ~ 2.0 時間くらいかかっていて、けっこう負担かかるので、
次回はアンケート用紙の代わりに、アンケートフォームへのQRコード短縮URLが書かれた紙を配ろうかなと考え中です。

継続的にやっていくためには、負担をできるだけ少なくできると次回開催への精神的抵抗が減るかなと…。
会場押さえたらあとは当日の会場設営・撤収だけで済むのが理想だなと……。

プログラマのための数学LT会(第1回)

f:id:nekonenene:20170723051231p:plain

f:id:nekonenene:20170723051241p:plain

f:id:nekonenene:20170723051248p:plain

f:id:nekonenene:20170723051253p:plain

f:id:nekonenene:20170723051258p:plain

f:id:nekonenene:20170723051303p:plain

f:id:nekonenene:20170723051310p:plain

f:id:nekonenene:20170723051314p:plain

プログラマのための数学LT会 2!

f:id:nekonenene:20170723051805p:plain

f:id:nekonenene:20170723051812p:plain

f:id:nekonenene:20170723051821p:plain

f:id:nekonenene:20170723051828p:plain

f:id:nekonenene:20170723051833p:plain

f:id:nekonenene:20170723051838p:plain

f:id:nekonenene:20170723051843p:plain

f:id:nekonenene:20170723051848p:plain

参加者の方々はこれを見てもらうとわかると思うんですが、
「むずかしい」と思った発表はみんな難しいと思ってます。
一人だけが出来ないわけではないので、安心してください。落ち込まないでください。

そして、わからないことは適宜質問していいと思います。
今回の場合ですと、おおとやさんの「停止性問題」のところとか、
説明されるとわかるけど、そのまま先に進まれると先のところも同時にわからなくなる、みたいなものでしたので、
「そこもうちょっと説明を」と思ったら気兼ねなく聞いてみていいと思います。

とはいえ、今回の15分という発表時間ですと、
割り込んで質問を入れたら全然15分じゃ足りなくなっちゃいますから、
発表の持ち時間は次回はもっと長くしますね!

登壇者の方々は、「ちょうどよい」が50%を下回っていかないよう、
うっかり専門用語の説明を省いていないかなど、
参加者層に数学専門家でなくプログラマが多いことに気を付けてスライドを作るとわかりやすくなっていくかと思います。

以上、主催者として振り返る『プログラマのための数学LT会 2!』の感想でした。
まだまだ主催経験少なく不慣れですが、次回をよりよいものにできるようがんばりますので、
今後ともみなさまどうぞよろしくお願い致します。