ハトネコエ Web がくしゅうちょう

プログラミングやサーバー関連、チームマネジメントなど得た技術のまとめ

はてなブログの Google Analytics で /realtime_preview などを集計対象外にする

Google Analytics のデータを久しぶりに見たときに思いました。

「あれ? この /realtime_preview ってなに・・・?」

f:id:nekonenene:20190525080702p:plain

他のページの数倍の PV 数を作り出しているんですよ(笑)
これはおかしいな、と思って調べました。

そしてたどり着いたのがこちら : Google AnalyticsのPV数に自分のプレビューとリアルタイムプレビューをカウントさせない方法 - Pocket of time

1. /realtime_preview と /preview の正体

どうやら、記事を書いているときに右側に表示されるのが /realtime_preview にあたるようです。
文字を書くごとに自動更新される箇所なので、それは PV 数もどんどん増えていくわけです。

f:id:nekonenene:20190525081148p:plain
この右側のカラムが realtime_preview

なお、私はあんまり使わないんですが、
編集画面の上部にある『プレビュー』を押したときに表示されるのは
/preview にアクセスしに行ってるそうなので、こちらも除外するのが良さそうです。

f:id:nekonenene:20190525081324p:plain
preview はこちら

2. フィルタ機能を使って集計対象から除外する

このままでは、ブログを書いている日だけ PV 数が上昇してしまい、
PV数の遷移グラフが信用ならないものになってしまいます。
フィルタ設定をおこなうことで、集計結果を正常化させましょう。

Google Analytics のホーム画面 にアクセスしたら、
左下にある歯車マークが添えられた「管理」をクリックしてください。

f:id:nekonenene:20190525082058p:plain

いろいろ出てきますが、一番右のカラムから「フィルタ」を選んでください。

f:id:nekonenene:20190525082315p:plain

「+ フィルタを追加」ボタンを押します。

f:id:nekonenene:20190525082407p:plain

例えば以下のように入力します。

f:id:nekonenene:20190525090300p:plain
/realtime_preview, /preview を除外するフィルタ設定例

  1. フィルタ名は自分のわかりやすいようお好みで
  2. 「フィルタの種類」は「カスタム」
  3. 「フィルタ フィールド」は「リクエスURI
  4. 「フィルタ パターン」には正規表現が使えるので「^/(realtime_)?preview$」と入力。
    これで /realtime_preview も /preview もフィルタの対象となります
  5. 最後に下にある「このフィルタを確認する」でどう変化するのか確認しておくと安心です
  6. 問題なければ「保存」ボタンで設定を保存します

以上です。

3. 下書きプレビュー共有URLも除外対象にする

もうひとつ、はてなブログでは、下書き保存したあとに共有URLの取得ができますが、
それについても除外対象にしておきましょう。

個人ブログではあんまり使わない機能ですが、
会社のブログなどでは使うことの多い機能かと思います。

以下のような設定になりました。

f:id:nekonenene:20190525090511p:plain
/draft ページを除外するフィルタ設定例

2. で記載した設定とほぼ同じですが、
「フィルタ パターン」を「^/draft/.+」としているのが重要な違いです。
下書きプレビュー共有URLは /draft/<文字列> のような作りになっているので、それらを除外しているわけですね。

4. おわりに

一度作ったフィルタ設定は、仮に他のブログを作ったときでも、
「+ フィルタを追加」ボタンを押したあとの画面で「既存のフィルタを適用」を選択することにより、かんたんに再利用できます。

f:id:nekonenene:20190525090755p:plain

フィルタ設定は、設定した後のアクセスのみに反映されますから、
ブログを作ったらすぐにフィルタ設定を入れて、正確な Google Analytics データを最初から取得できるようにしておくことがおすすめです!